プロフィール
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「容疑者Xの献身」はスゴ本
探偵ガリレオ、予知夢と続けて面白かったので、
直木賞受賞作品である「容疑者Xの献身」を購入した。








容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
東野 圭吾 (2005/08/25)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


私は本を貯めない主義です。
本って場所をとるので、読み終わった本は定期的に処分しています。
(古本屋に売ったり、姉に持って帰ってもらったり)

しかしながら、数冊の本は本棚に残してあります。
基準は「また読み返したいと思った本」。

今までこの本棚に並んでいる本はこんなところです。

その日の前に 重松清
東京タワー リリー・フランキー
慟哭 貫井徳郎
スローグッドバイ 石田衣良

大聖堂とかも面白かったんだけど、ボリュームが多すぎて多分読まないと思い処分。
今回、そんな本棚に新たな本が仲間入りすることになりました。

「容疑者Xの献身」は探偵ガリレオシリーズの最新作であり、シリーズ初の長編。
おなじみの草薙刑事と天才物理学者湯川教授(助教授だったかも)が活躍するのですが、
今回は湯川の大学時代のライバルである数学者、石神が登場します。

しかしながら陳腐な対決をするのではなく、
湯川が良きライバルである石神に敬意を表しつつ物語が進行します。

湯川の苦悩が、石神に対する想いを見事に描写しています。

そしてトリック。

慟哭を読んだ時のような衝撃
ページを捲る手が止まりました。

最後の場面。

湯川の一言が心に沁みます。
不覚にも推理小説で感動してしまいました。

これは是非読んで欲しい作品。
探偵ガリレオや予知夢を読んでいなくても楽しめますが、
せっかくなら探偵ガリレオから読み進めてみてください。

スポンサーサイト
日記 | 【2007-03-17(Sat) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。