プロフィール
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
選挙活動について思うこと2
先日、夕方に地元の駅に行った時のこと。

そこには県会議員選挙の候補者とそのスタッフがいた。
そのスタッフが、70歳過ぎと思われる方2人と茶髪のお兄ちゃん(30歳くらい?)1人。
明らかにその人の人望で集まってきたスタッフではなく
仕事が無くて選挙事務所のバイトに来ているといった3人のスタッフ。

「なんのアピールなんだろう?」と思っていると、
改札口を出てくる人に向かって、
ひたすら「お疲れ様でございます。よろしくお願いいたします」と言うだけ。
茶髪のお兄ちゃんは寒そうに震えながら声を出していました。

政策も問題提起も微塵もなし
正直、通行路を妨げているだけで邪魔でした・・。

ほんの一言でも自分の考えを言えば、
相手の受け取り方も変わってくるだろうに、と思いましたね。

なんですかね、候補者っていうのは有権者をバカと思っているんですかね?
「あいつらには政策なんて言っても分からないから、名前だけアピールしておけ」みたいな。
私なんかはひねくれ者なわけで、こんな風に捉えてしまいます。

所は変わって東京都知事選挙。
こちらでも政見放送をめぐって、いろいろ問題があるようです。

東京都選管がYouTubeに政見放送の削除要請、その問題点とは ーGIGAZINE


理由としては、政見放送は候補者一人につき5回までと決まっており、
特定の候補者の映像だけが自由に閲覧できるのが問題と言うことらしい。

それだったら東京都選挙管理委員会が自前でいつでも好きなときに
ネット経由で政見放送が見られるサイトを立ち上げればいいのではないかと思うのですが、
時代の変化に日本の法律などが全く追いつくことができないということを如実に表しています。


投票率が低下している、若者の選挙離れが深刻だ、なんて言われていますが、
候補者の目指している方向が見えない中で投票しろといわれても無理な話。

それぞれの候補者の政策や問題提起を自由に見ることができれば、
自ずと選挙に対する考え方も変わってくると思うのですが。

今週末は全国で統一地方選挙が行われます。
是非皆さんも投票場へ足をお運びください。

ちなみに立候補者はこちらから見れます。

ザ・選挙

スポンサーサイト
日記 | 【2007-04-06(Fri) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。