プロフィール
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2007年9月5日 「夫、売ります」
今回の旅行は、PCを持たずにPortable FirefoxをUSBに入れて持っていきました。
クソ便利だったので、今度紹介します。


ネタ

忘却からの帰還: 英国は宗教に対して冷めている
 意外と英国は神の存在を信じている人が少ない。
 日本だと50%以上が無神論者なんだろうなあ。

電気のいらない磁気冷蔵庫が登場か - GIGAZINE
 磁界を用いて温度を熱力学的に逆転・・。
 詳しいことは分からないけど、一人暮らしの人には朗報!
 真夜中の突然の「ブーン」が無くなる(減る?)みたいです。

らばQ : 「夫、売ります」という店が登場
 ネタです。
 「妻、売ります」との対比が面白い。

asahi.com:地殻変動3倍の「超」東海地震、千年周期で発生か - 社会
 ひいいいいいいーー。
 国が想定するマグニチュード8級の3倍の地震って。
 日本沈没。

WIRED VISION / 『エアロゲル』ブランケットは究極の断熱材
 以前も書いたエアロゲル。
 将来的には安価になり、一般的な断熱材になるのかなあ・・。
 ちょっと扱いにくそうだけど。


PC

「.docx」「.xlsx」などのOffice 2007で作成されたファイルを旧Officeで開く方法 - GIGAZINE
 今はまだ少ないと思いますが、Office2007で作られたファイルが送られてくることもあるでしょう。
 Office2003では開けないので、コンバーターが必要になります。
 幸い、Office2007はそんなに普及していないようですが。

らばQ : ネットに依存しすぎて涙目のあなたが今読むべき12の言葉
 思ったよりもネット依存じゃないかも。
 テレビを見るときはほとんど必ずPCを横で見ていますが。

Tech Mom from Silicon Valley - 携帯ネット万能の世の中は、いつまでも続かない!んじゃないかな・・・
 携帯って画面も小さいし、できることも限られるし・・。
 いずれはPCへという流れになると思い(願い)、携帯へはあんまり触手を伸ばしていません。
 PCが小型化したり、一瞬で立ち上がるPCができれば、携帯のメリットは自然と薄れて行くはず。


仕事

モチベーションは楽しさ創造から - なぜ、あの人には教えたくなるのか? 教わり上手な人の8つのTIPS
 私は教わるのは上手ですが、教えるのは下手です。
 特に出来が悪い人に教えるのは・・。


政治

livedoor ニュース - 舛添氏“公約通り”首相批判
 普通のことを普通に言える政治家だけど、それが今までいなかったんだなあと実感。
 年金を横領とか、逮捕して当然だわな。
 しっかりと対応して欲しい。

スポンサーサイト
ブックマーク | 【2007-09-05(Wed) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「フェルマーの最終定理」に感動
久々にヒット作に巡りあいました。
容疑者Xの献身以来のお気に入り本棚入り。









フェルマーの最終定理 (新潮文庫) フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
サイモン シン (2006/05)
新潮社

この商品の詳細を見る


フェルマーの最終定理とは、
「n>2において、Xのn乗+Yのn乗=Zのn乗を満たす整数解は存在しない」
という問題。
17世紀の数学家フェルマーが発見し、
「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるので
ここに記すことはできない」と記した問題。

この本は、フェルマーの最終定理に挑んだ数学家達の軌跡を描いたもの。

しかしながら、難しい数学の話にフォーカスしすぎるのではなく、
人間ドラマを交えながら、また分かりやすい例を記載しながら物語が進むので、
文系の私でも物語に入り込むことができました。

本の議題は人間ドラマが中心な訳で、フェルマーの最終定理の証明方法を
詳細に述べたものではありません。
(述べられても、おそらく分かる人は世界に数人なんでしょう)

しかしながら、この全く意味が無さそうなフェルマーの最終定理に、
実は数学上、非常に意義深いものがあることや、
最終定理の証明に至るプロセスで、日本人の数学者が多大な役割を担っていることが
本を読むと分かります。

そして、クライマックスでは感動の嵐・・。
思わず、スターバックスで涙ぐんでしまったので困る。
まさか、フェルマーの最終定理で泣くとは思わなかったわ。

この本を読んでいたら、数学科とかも少しは考えたかも。
数学の証明の絶対性とか言われると、心惹かれるものがあります。
文系だけど。

ちなみに、n>2でフェルマーの最終定理ですが、
n=2の時はピタゴラスの定理な訳です。
「全ての直角三角形において、斜辺の2乗は他の2辺の2乗の和に等しい」
ピタゴラスが生きたのが、紀元前6世紀。
そういった数学(数論)の歴史についても興味深く学べる。

個人的に一番ツボったのは、円周率の求め方。
円周率って、3.14・・・って覚えていますが、求め方は習わなかった。

円周率は下記の式で求められるそうです。

π = 4 * (1/1 - 1/3 + 1/5 -1/7 + 1/9 - 1/11 + ・・・ )

だから何というわけでもないんですが、
こういうのを凄いなとか、美しいなとか思う人は、
是非一読してみてください。

お薦めっす!


| 【2007-09-05(Wed) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。