プロフィール
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
[BM]祝200勝



トップ記事


 ある意味衝撃映像。
 最後まで見てくださいな。 


ネタ

J-CASTニュース : 「アイスが溶けた」「彼女に振られた」 トンデモ110番に警察四苦八苦
 「アイスが溶けた」→「冷蔵庫の電気の線が切れたのでは」。
 警察の皆様、日々のおつとめありがとうございます。


超映画批評『ダークナイト』97点(100点満点中)
 バットマンの映画は未だに一作も見たこと無し。
 これを機に見てみるかなあ。


欧米への航路、半分に? 衛星で北極海の海氷監視 - MSN産経ニュース
 海氷面積が減少し、北極海航路が実現するかもしれないらしい。
 航路が半分になると、燃料代も時間もだいぶ節約になりますね!


区役所にて - 蜜月革命前夜


PC

Google マップ日本版にも「ストリートビュー」機能--道路に立って街中を見渡せる:ニュース - CNET Japan
 凄すぎて笑った。
 うちの前の細い道までバッチリ写真撮られてるし。
 コレは便利すぎる。


オモコロ特集 | Amazonの境界線を調べた
 どこまでがAmazonの類似ドメインと見なされるか。
 上四文字がamazだとアウトっぽい。



スポーツ

asahi.com(朝日新聞社):山本昌200勝、趣味の無線操縦カー断ち悲願達成 - スポーツ
 ”楽天・山崎選手は「あの人は家族の次にラジコンを愛していた。
 これで心おきなくできるんじゃないの」”
 野球は・・?


スポンサーサイト
ブックマーク | 【2008-08-05(Tue) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
[書評]プリズン・ガール アメリカ女子刑務所での22ヶ月
読んだ本がたまっています。
書評を書きたい本が結構あるのですが、コツコツやっていきます。

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫 あ 60-1)プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫 あ 60-1)
(2008/07/29)
有村 朋美

商品詳細を見る

先日本屋で見かけ、面白そうだったので購入。

アメリカの刑務所に入るという、まずあり得ない体験をした作者の体験談。
ただ本人があまり深刻に考えない性格なのか、
軽いタッチで描かれており、小説のような読み応え。
興味深くもあり、面白い作品でした。

以下、あらすじとか。




OLを辞めたあとNYに渡り、
語学学校に通いながらレストランでアルバイトを行う留学生。

 まあ、厳密に言うと留学生のVISAではアルバイトはできないんですけどね・・。

そんな作者がふとしたことから知り合ったロシア人の彼氏。
この彼氏がなんとロシアンマフィアだったのですねえ。
彼は麻薬のディーラーの元締め的役割だったそうで。

彼女はそのことを知りながらも彼とおつきあいを続ける。
で彼が捕まっちゃうんだけど、それに伴って彼女も捕まってしまうのであります。

彼女曰く、麻薬の取引の手助けはしていないとのことなんだけど、
・彼が宅配便を送る際にクレジットカードを貸したことがある、
 (宅配便を送る際に必ずクレジットカードがいるらしい)
・彼の荷物を一度送ったことがある
ということで、麻薬の組織犯罪を手助けした罪に問われてしまう。

正直、自業自得と思います、はい。
彼が麻薬取引で稼いだお金で美味しい御飯を食べに行ったりしているわけで。
(彼女も認めている)

彼女も裁判を避け罪を認め、連邦刑務所に服役することに。

作中にはいろんな囚人が出てくるんですが、
麻薬取引を行った囚人が多いこと・・。
これもアメリカの現状なんでしょうね。

刑務所内の人種の割合とか、刑務所の適当具合とか、
囚人同士の恋愛事情(女子刑務所・・)とか、
普段知ることができない情報満載です。
まあ、知ったからどうってこと無いんですが。

ちなみに、米国で犯罪を犯した人は、二度と米国に入国ができないそうです。
作者もまたしかり。
くれぐれも、クレジットカードを安易に貸したりしないよう気をつけてください。


| 【2008-08-05(Tue) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。