プロフィール
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
アラチョフについて(弔文)
大学の後輩、アラチョフこと新井政慶君が6月30日に亡くなった。

何かの病気で入院し、今は元気にやっていると今年聞いたが、
残念ながら事実は違ったようだ。

大学の同期のT氏によると、2009年末に大腸がんが発覚し、闘病生活に入ったとのこと。
既に肝臓に転移しており、手術は不可能だったそうだ。

それでも諦めずに治療に励み、体調の悪い中、
今年の5月に公認会計士になる最後の試験に合格したそうだ。


アラチョフは頑張り屋だった。
テニスでも泥臭い、粘りのプレースタイルで、
決して諦めることなく、最後まで全力ボールを追いかけていた。

普段はクールというか、余り感情を表に出さなかった。
でもサークルの団体戦メンバーとして戦うときなどは、
皆の応援を背に、闘志をむき出しにしていた。

先輩からも後輩からも、
アラチョフ、アラチョフさんと親しまれる人間だった。

決して弁が立つ方ではなく、器用な性格でも無かったが、
裏表のない実直なヤツだった。


今でもあのニヒルな笑顔が思い出されます。


卒業して以来疎遠になってしまったのが残念であり、後悔だ。

私ができることはほとんど無いだろう。
でも大学の仲間と集まるとき、
テニスをテレビで見るとき、
ふとしたときにアラチョフを思い出し、
彼と共にした2年間の大学生活を忘れないでいようと思う。

アラチョフ、おまえらしく頑張ったんだろうな。
お疲れ様でした。

スポンサーサイト



未分類 | 【2011-07-02(Sat) 14:33:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
BookLive
楽ワード