プロフィール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
日本ユニセフ協会とUNICEFについて 1
以前書いた記事の補足。

今、私に出来ること。あなたに出来ること。 神戸の三代目

この記事の中で、日本ユニセフ協会に対して批判しているサイトを2つあげました。
野良里蔵狸さんは一概に批判とは言えないかもしれませんが・・)
この2つのサイトに掲げられている事象について、
私なりの意見を述べさせていただきたいと思います。



何故このような記事を書くかというと、
確かに黒柳さんの口座に直接振り込む方が1円でも多くUNICEFに届くのかもしれませんが、
日本ユニセフ協会のほうが手軽で募金しやすいようになっているからです。
また継続的な募金も簡単に出来るので、UNICEFに一回で1万円募金するのは抵抗があっても、
日本ユニセフ協会に毎月1000円ずつの募金を1年続ければ同じ効果があります。
折角募金をしようと思った方が前出の記事を読んで誤解されて、
何もしなくなってしまっては元も子もないと思い、書いています。
宗教に毒されているのでもなければ、アフィリエイト目的でもありません(笑)



まずRobotBoyの落書き帳さんの記事に対する検証。

ユニセフの日本支部は『ユニセフ駐日事務所』といい、日本ユニセフ協会とは直接的資金フローに一切関係有りません
日本ユニセフ協会は、役員天下り等で無駄金ばかり浪費する利権団体で、いわば、ブクブクと私腹を肥やして巨大化したユニセフの看板を掲げるフランチャイズ店です。


日本ユニセフ協会は確かにUNICEFの下部組織ではありません。
日本ユニセフ協会は、UNICEFが定める国内委員会の一つであり、
UNICEFと協力協定を結んで募金を取りまとめたりしている、財団法人です。
参考)日本ユニセフ協会について

直接的資金フローというのが何を指すのかは分かりませんが、
募金額の75%以上をUNICEFへ支出するという規定があり、
実際に82%の募金をUNICEFへ支出しています。
またUNICEFとの協力協定も締結しており、資金フローの関係性は明白です。

また、役員天下りで無駄金ばかりと見てきたようにあります。
確かに役員名簿を見ると、多くの著名人が名を連ねています。
ただ、よくあるご質問の中で、会長以下すべて無給のボランティアとして協力しているとあります。
お偉いさん方は、肩書きのあるなしで受けも違うのでしょう・・。

また、収支予算を見ても、管理費(*1)は3億6千万円弱しかありません。
管理費が全て人件費だと仮定しても、
正規職員37名、アルバイト15名の人件費としては適正か少ないくらいと言えます。
(人件費は額面給料の1.5倍程度掛かることを考えると)
無駄金ばかりを浪費する利権団体とはいえないのではないでしょうか?
事業収支についてはあとでもう少し詳しく見たいと思います。

(*1)管理費は、「人件費や光熱水費等の事務所費」となっています。


野良里蔵狸さんの記事は、一度書かれてから大幅に修正されているようです。
なので、実はあまり突っ込むところがありません。

ただ言いたかったのは、
野良里蔵狸さんのコメント欄を見てもらえると分かるんですが、
この記事を読んで「日本ユニセフ協会は怪しい組織なんだ!」とか、
「毎月払っていた募金をやめちゃいました」みたいな人が結構いたこと。
おそらく修正前に読んだ方なんでしょうが・・。
もちろんその方々が、日本ユニセフ協会に募金せずに、
UNICEFに募金をしたのであれば万々歳と言えます。
ただ毎月募金としていた人なんかが、UNICEFに募金をするかとなると、正直分かりません。
毎月カードから引き落とされていたものが、自分から主体的に銀行で振り込む必要があるわけで・・。

あと恐ろしいのは、一度記事を読んだ人は、
修正があったことを知る可能性が低いと言うこと。
定期的に野良里蔵狸さん定期的にのサイトを訪れていればいいんですが、
たまたま訪れ、これが最初の記事が事実と思ってしまった人は、
その後それが事実と思って生活しているわけです。
結果、日本ユニセフ協会=クロという図式が成り立っていると思います。

実は「ユニセフ」でググルと、野良里蔵狸さんのサイトは6番目に表示されます。
ユニセフってどんな組織かなと思って調べた人が、
未だに誤解している可能性は高いんじゃないでしょうか。
少し調べれば分かるのに、鵜呑みにしてしまい、
結果として募金をしなかった人がいたとしたら、非常に残念です。

ちょっと長くってしまったので、続くことにします。

神戸の三代目 日本ユニセフ協会とUNICEFについて 2


追記 2008年3月13日
児童ポルノの単純所持禁止にアニメ・マンガ・ゲームは含めるべきか否か? - GIGAZINE
日本ユニセフ協会というのは、どうも叩かれる傾向にあるみたいですねえ。
100%がユニセフに届けられないとしても、
86%(GIGAZINEの記事では75%のように書かれていますが・・)が届いており、
その他の経費も募金を増やすのに役立てられています。
実際に効果も出てるし。

もう少し実態を調べてから書いて欲しかったなあ。
100%が届かない!と騒ぐだけ騒いで、
UNICEFにも日本ユニセフ協会にも募金しない人が一番たちが悪い気がします。

児童ポルノ云々の話はよく分からないのでおいときます。

再追記 2008年3月15日
Unicefから見た日本ユニセフ協会を追記しました。
神戸の三代目 Unicefから見た日本ユニセフ協会

日記 | 【2007-11-16(Fri) 08:00:00】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ユニセフに寄付をしている以上、 1度は実態を知っておこうかと思い立ち、 ネットで
【2007-12-01 Sat 22:05:26】 | とりあたまのけんぼうろく
BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。