プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
TOEICで点をとる方法
誰が決めたかは知りませんが、1年365日。
年が明けると新たに目標を立てたり、何かやろうという気になったりするから不思議なものです。

大学時代にも、4月の履修届けの際には
「今年はこんな授業を履修して、全部授業に出て勉強するんだ!」と意気込んで、
試験前にノートを探してあたふたしたものです。

さて、新年の目標にTOEICスコアアップを掲げた方もいるかもしれませんが、
そんな方に私からのアドバイスを。

私の現在(とはいっても2年前)のスコアは850です。
まあ、留学して大学に行っていたのでそれぐらいはとれるのでしょう。

ただ、留学前に必死にTOEICのスコアアップに努めた時期がありました。
何故ならば、TOEIC760ないと入学許可がおりなかったから。

当時の私のスコアは600程度。
いろいろと努力をした結果、3か月で160のスコアアップに成功しました。
(ぎりぎり765だったのですが、クリアはクリア)

なんか雑誌の宣伝みたいですが、本当の話。
しかも留学前に独学で。

さて、そのコツですがまずはテストを知ることです。

テストを知るための最善の本がコレ。









TOEIC Test「正解」が見える TOEIC Test「正解」が見える
キム・デギュン (2003/02/06)
講談社インターナショナル

この商品の詳細を見る


TOEICは、実は様々な引っ掛けが存在しています。
特にヒアリングは引っ掛けだらけ。
どんな引っ掛けがあり、それをどう注意したらいいかを書いているのが本書です。
また、ヒアリングの際の「最初の1語に集中」などの基本的な事項も書いています。

正直、この本だけでスコア50アップはかたい。
新テストの前に発行された本ですが、基本は変わっていないと思うので、
試験前に一読しておきたい本です。


さて、テストを知っただけではスコアアップは十分ではありません。
やはり、勉強は必要。

どんな勉強がいいかというと「実践」が一番です。
私はこのシリーズを使っていました。









新TOEICテストスーパー模試600問 新TOEICテストスーパー模試600問
高橋 基治、ジョージ・W. パイファー 他 (2006/12/21)
アルク

この商品の詳細を見る


TOEICテストは、慣れていないと時間が足りずに終わってしまいがちです。
この模試できちんと時間を測ることにより、どのように時間配分をすればいいかを体感してください。
またセクションごとに採点できるので、自分がどこが弱いかを知ることができるのも利点の一つです。

私の場合は文法問題はあまり考えずにインスピレーションで答えることにしています。
名詞とか形容詞とかはあまり考えすぎるとあっという間に時間がたってしまうので。

そして最後の長文読解で時間をかける。
長文読解のほうが、文法問題よりも圧倒的に点数が取りやすいです。
だって、正解が問題文に書いてあるんだもん。

この本では600問ということで、3回分の模試ができます。
2回は勉強用、最後の1回は試験の直前(できれば前々日)にペース再考で行えばいいかと思います。
理想としては模試で10分くらい時間が余る程度のスピードで。
(当日は、そうは言っても考え込む問題もあるので)

あと、この模試では自己採点ができます。
この正答率であれば本試験でのスコアは700~740とか。
このスコアは少々シビアに付けている気もするので、自信をもって臨みましょう。
予想以上のスコアが出るはずです。


ここから先は更なるスコアアップを目指す方へ
(700くらいであれば上の方法でクリアできるかと)

更なるスコアアップにはやっぱり語彙力が必要になります。
語彙力を増やそうと思って書店に行くと、多くの単語帳が並べられています。
現在600程度の方は、どうしても「目指せ730!」とかの本を手に取ってしまいがちですが、
ある程度自分が分かる単語帳を選ぶのがいいかと思います。

あまりにもレベルが上のものを選んでしまうと、
わからない単語だらけでやる気が起きなくなってしまいがち。

特にヒアリングで点数を稼いでいる人はリーディング×2倍を目安に単語帳を選ぶのがいいでしょう。

あまりにも長期にわたって勉強するとやる気がそがれてしまいがちなので、
短期にどかっとやるのが良いんじゃないでしょうか。


スコアアップに成功した方がいましたら、ご報告ください!

日記 | 【2007-01-15(Mon) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。