プロフィール
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
[書評]GO 金城一紀
先日最終回を迎えたSP。
面白かったですよねー。

ということで、原作者の金城一紀の本をまとめ買い。
お勉強の合間に一冊読んでみました。

GO (講談社文庫)
GO (講談社文庫)
(2003/03)
金城 一紀
商品詳細を見る

結論から言うと無茶苦茶面白い。
こんなにサクサク読み進めた小説も久しぶりかも。

著者自身が「コリアン・ジャパニーズ」(敢えて「在日」とは呼ばないでおきますが)
ということもあり、もしかしたら著者が実際にいろいろ感じたところもあるんでしょう。
金城一紀 - Wikipedia

そのまっすぐな感情がこの作品に中でもいたるところに見られます。

「(前略)言っとくけどな、俺は《在日》でも、韓国人でも、挑戦人でも、モンゴロイドでもねえんだ。俺を狭いところに押し込めるのはやめてくれ。俺は俺なんだ。いや、俺は俺であることも嫌なんだよ。俺は俺であることからも解放されたいんだ。俺は俺であることを忘れさせてくれるものを探して、どこにでも行ってやるぞ。この国にそれがなけりゃ、おまえらの望み通りこの国から出てってやるよ。おまえらにはそんなことできねえだろ?おまえらは国家とか土地とか肩書きとか因襲とか伝統とか文化とかに縛られたまま、死んでいくんだ。ざまあみろ。俺はそんなもの初めから持ってねえから、どこにだって行けるぞ。いつだって行けるぞ。悔しいだろ?悔しくねえのかよ・・・・・・。ちくしょう、俺はなんでこんなことを言ってるんだ?ちくしょう、ちくしょう・・・・・・

確か映画にもなってましたよね?
予告とかを見たイメージ的では喧嘩シーンとかがメインなのかなと思ってましたが、
ベースに流れているのは”恋愛”です。
ベタベタする恋愛じゃないので、恋愛ものでも無いけど・・。

まあ、とにかく読んで絶対損はしない一冊です!

| 【2008-02-08(Fri) 08:00:00】 | Trackback:(1) | Comments:(1)
コメント

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2009-09-18 金 14:27:41 | URL | 藍色 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人の承認後に表示されます
【2009-09-18 Fri 13:32:58】 |
BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。