プロフィール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
地震の前の日
今日は1月17日。
12年前に阪神淡路大震災が起こった日だ。

正直、神戸に住んでいながら、
「神戸を地震前の姿に!」とか「なお残る地震の爪跡」とかの報道にはうんざり。

地震がなくても街の姿は変わっていくし(表参道だって変わった)、
神戸市の西地区の住民数が減っているのは地震だけが原因じゃなかろうに。

今日の日経に載っていたおばあさんの話も正直嘘っぽい。
「水が無く、のどがからからで解け残った泥のついた氷をしゃぶった」みたいなの。
あの日は寒かったけど氷るほどじゃなかったし、
氷るほど山側ならそんなに揺れていないはず。
地震直後は正直のどが渇くとか気にならなかったし、
しばらくしたら救援物資がたくさん届いたし。

まあこんなことを言えるのも、近しい人に亡くなった方がいないからだろうけど。
(建物に被害が出た方等はごまんといても)

・・・、書こうとしていたことと趣旨が変わってしまった。
地震の起こる前の日のことを書こうと思っていたのだ。

1995年1月16日、私は日帰りで東京に行っていました。
東京での家を探す為。
同級生から一足お先に大学が決まっていた私は、
物件がまだ多く残っているだろうこの時期に家探しをしていたのでした。

同級生の皆さん、すみません。
(センター試験の日?)

さて東京での家探しですが、全くもって土地勘が無かったのですが、
日吉と三田の中間くらいという理由で自由が丘の不動産屋へ。
(結局三田にはほとんど行っていないと言うのは内緒)

ただなかなかこれと言った不動産が見つからず。
中途半端な広さだったり、部屋の形がいびつだったり・・。

父親と一緒に行ったのですが、なかなか決まらずに父親は切れ気味でした。
こりゃもう一日必要かなと、宿泊を覚悟したときに、
不動産屋から見せられたのが大学時代に住んでいた家。
(当時は建設中で、工事現場と図面しか見ていませんが)

家賃がかなり高かった(西新宿の家より高かった)ものの、父親は早く決めたかったようでOK。
なんとか一日で住む場所を決めることができました。

さて家が決まったので無事日帰りとなり、神戸の家に帰宅したのが11時でした。
そして翌朝の6時前に地震です。

今思うと、一日ずれていたら大変なことになっていたなぁと。
家に帰るにも電車は通じてないし、そもそも安否の連絡もつかない。
メールも携帯も無い時代でしたからねぇ。
次の日に家も探さず新幹線で大阪まで帰り、アタフタしていたことでしょう。

人生何がきっかけでどう転ぶか分かりません。

繰り返しになりますが、こんなことを書けるのも、
私自身が怪我をしなかった、また知人で亡くなったり大怪我を負った人がいないからだ。

亡くなった方への供養の気持ちは忘れてはいけない。
しかしいつまでも「自分たちは被害者だ!」と言っているだけでは前に進めない。
神戸に早く「震災後じゃなくなる日」が来る日を切に願います。

まとまりが無くなってしまいましたがこんなところで。

日記 | 【2007-01-17(Wed) 19:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。