プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
[書評]「東大で教えた社会人学」は必読書
本屋で偶然見つけた一冊。
チラ見したら面白そうだったので購入したら、大当たりでした。

東大で教えた社会人学 (文春文庫 (は28-4))東大で教えた社会人学 (文春文庫 (は28-4))
(2008/02/08)
草間 俊介、畑村 洋太郎 他

商品詳細を見る

読んで最初に感じたのは「東大生、ずるいわ」。
だって、普通の人は社会に出て初めて知ること、
あるいは経験することを座学で学ぶことができるわけですから。

社会人としては常識的なことが多いんですが、
それを知って社会に出るのと知らずに社会に出るのでは大違い。

若干データが古いところもありますが、
久々に付箋がたくさん貼られた本になりました。

以下、気になった点を抜粋。
気になった点、多すぎ・・。

P.8 はじめに
『産業総論』は1980年代の後半から始まって現在も続いている人気講座で、産業や技術に関わるあらゆる事象を総括的に取り扱ってきた。
技術者というのは自分の専門分野や隣接分野に関しては非常に詳しいが、ともすれば産業や技術全体を見渡す俯瞰した視野に欠ける。そこで産業の全体像、技術の全体像を捉えられるような技術者を輩出することを目的に考案されたプログラムが『産業総論』だ。
P.12
もっと技術に通じた経営者が世に出てくるべきだと常々感じていたもの、大学では一介の技術者を養成するような教育しかやってこなかった。そこで『産業総論』の授業を活用して、産業や技術の世界にとどまらず、人の動き、組織の動き、経済の動き、金の動きなど広い視野で社会の全体像を捉えられる人材を育成しようと考えた。つまるところ、「社長になれる技術者」を作りたかったのである。
 この講義は理系の学生に向けて行われているようです。
 しかしながら理系の学生だけじゃなく、文系の学生にも大いに役に立つ内容だと思います。
 「社長になれる技術者」という発想、さすが東大。
 MOTの概念を早くから取り入れているんですね。


第一章 働くことの意味と就職
P.26 債務超過国家の現実
日本経済が混迷からなかなか脱せない理由は何か。
それは、時代と環境の変化によって通用しなくなったにもかかわらず、日本経済が好調だった時代にうまく機能していた従来型のシステムにこだわって、それをうまく使いこなせば生きる道はまだあると日本全体が考えているからだ。高度成長期の成功体験からいまだ逃げられない。日本が本当に立ち直るためには、過去の成功体験に基づいた考えからから外れてモノを見直さなければならない。
 何故日本がここまで債務超過に陥ったか。
 また長らく続く混迷から抜け出さないのか。
 この答えを著者は端的に表しているんじゃないでしょうか。
 下から変えれることは限りがありますが、意識を持つ持たないで方向性は全然違います。

P.66 #5 なぜ働くのか
しかし、君たちのこれからの長い人生は働くことによって築かれていく。それは働いて金を稼いで生活するという経済的な意味だけではない。人は働くことで自己実現を果たしたり、働いて人や社会の役に立つことで、生きる悦びや実感を見出す。つまりは人は働くことで人生を”生きる”のだ。
自分がなぜ働くのか、どんな働き方をしたいのかを考えるということは、自分の人生をどう生きるかという問いかけでもある。就職する前に一度は考えてみてもらいたい。
 一度社会にでると、働くと言うことは生活の大部分を占めることになる。
 生活するためにお金を稼ぐことはもちろん必要なこと。
 しかしそれだけでは仕事を続けることは苦になるかもしれない。
 自分がどう社会貢献できるか、どこに悦びを見いだせるかを就職の前に考えるべきだろう。

P.73 #6 就職する前に
就社ではなく、就職するという意識を持つことが非常に大切だが、現実問題として、社会人の第一歩を踏み出す会社というのは、その後の人生に大きな影響を与える。最初の会社次第で、人生の大枠が決まってしまうことがある。
 これは大いに賛同。
 転職をするにしても前職のベースが基準となるわけで、あらゆる会社に転職できるわけではない。
 全ての会社に入社できるチャンスは最初の就職だけ。
 大学生の就職活動は妥協無く、納得いくまで頑張るべきだろう。

P.104 会社と社員
今、会社は社会正義を貫いたり、社会貢献することを社会から求められている。しかしそれ以前に会社は利益を上げる集団でなければ、社会的な存在価値を認めてもらえない。きちんと利益を上げているとき、その会社を構成している社員たちの意思は正しく社会に伝わっていく。しかし利益を上げていないときには、その意思が伝わらなくなるのだ。
社会正義や社会貢献は最終的には会社の利益につながる。しかし、一度近視眼的な利益至上主義に走ってしまうと、反社会的な行為も辞さない。利益を上げなければ存在価値がないという強迫観念に曝されて、いつの間にか正常な判断が働かなくなる。それが会社という組織の恐ろしさなのである。
 社会人として働いていると、社会貢献をしているという実感は少ないかもしれません。
 しかしながら利益を上げれば会社は税金を支払うことになります。
 多くの利益を上げるためには人を雇わねばならず、雇用が発生します。
 その意味において、利益を上げるということは立派な社会貢献の一形態なのです。
 ただ、それが間違った手段を用いるといろいろと問題がありますが・・。


第二章 会社というもの
P.120 ”引き”の必要性
それはさておき、人間は自分が理解できる事柄を通してしか他人を判断できない。だから、相手に評価してもらおうとしたら、その相手の土俵に上がるしかない。相手の土俵の上で互角以上に戦って初めて評価や尊敬が得られる。そして相手の土俵に上がったつもりはなくても、相手は自分の土俵で人を普段に評価しているのだ。
だから評価を恐れて自分の殻に閉じこもっていても仕方がない。むしろ発言し、行動する技術者になるべきだ。相手の土俵にもどんどん上がっていく。
 評価を得たければ他人からも分かりやすい客観的なモノが有効。
 一番分かりやすいのは資格かな。
 徒手空拳に相手の土俵に上がっても最初から勝つのは難しい。
 相手の土俵と見せかけて自分の土俵に相手を上げるテクニックも必要。

P.139 #15 所得と税金
仕事をして収入を得れば、当然税金の支払い義務が生じる。しかし所得税が月々の給料から源泉徴収されるし、収入二千万円以下の給与所得者は確定申告の必要がないから、税金に関心の薄いサラリーマンが実に多い。自分がどれくらいの税金をはらっているのかさえもわかっていない。
 税金に関心を持つことで節税につながることもある。
 また何よりも自分が払った税金がどのように使われたのかも気になってくるだろう。
 税金がどのように算出され、どのように徴収されるかを知っておくべき。

P.161 #企業理念の変質と崩壊
以前にも説明したように、会社の本質は利益を追求する機能集団だ。しかし会社という”法人”組織は、個々の独立した”自然人”では達成し得ないことをなすために生み出されたものであり、もっとわかりやすく言えば、自然人である我々がより幸せになるために生み出されたものが会社という組織体なのだ。
ゆえに会社は社会の公器であり、経済社会を支える大きなインフラでなければならない。社会に対してはさまざまな便益を提供し、それによって得た利益をまた社会還元する。人を雇用し、給料を払って社員の生活基盤を安定させる-。それが会社の社会的役割だ。
 会社の本質は利益を生み出すこと。
 しかしながらそれを従業員に還元し、社会に還元することも同時に求められている。


第四章 転職と企業
P.167 #19 転職の心得
自分が大きな会社にいる場合、小さな会社への転職は比較的容易だ。小さな会社は人材が乏しいので、大きな会社からスピンアウトしてくる人材を積極的に欲しがる。しかし、一度小さな会社に転職してしまうと、今度は大きな会社に戻るのは難しい。大きな会社は人材が揃っているので、よほどの実力がなければなかなか転職できない。そういうことも考慮に入れておいたほうがいい。
 逆に捉えると、最初は大きな会社に入社しておくのも一つの手だろう。
 まあ、最近は大手も優秀は人材を探しているので、
 自分次第で小さな会社から大きな会社への転職も可能でしょうが。

P.174 #20 起業・独立の心得
大企業の名刺がプラチナ製だとすれば、起業家の名刺は紙切れだ。能力や人柄だけで人を惹きつけるのは難しいけれど、大企業の肩書やポストには簡単に人が集まる。下請け業者が愛想よく接してくれたのは、大企業で仕事の決定権や発注権を持っていたからだ。
立場があってできていたことを自分の能力と勘違いするのはよくあることで、独立して起業してみるとそれがよくわかる。
 独立してから気づいても遅いですよね・・。
 肩書があるとチヤホヤされるもんですが、だからといって勘違いしてしまうと痛い目に。
 自戒の意味も込めて・・。


第五章 個人として生きる
P.217 #27 人生とお金
「金がすべてではない」というのは正しいけれど、綺麗事でもある。経済的自立がなければ真の自由にはなれない。
私が会社から独立した当初に強く感じたのは、経済的自由がなくなって時間的自由が増えたということだ。独立して自由になれると思っていたが、あったのは時間的自由と貧乏をする自由だけで、経済的には不自由になった。
独立するときには本当に経済的自由が得られるかどうかを考えなければいけない。独立に成功しなければ経済的に不自由になってしまって、取り急ぎサラリーマンに戻るにしても大概は以前の会社よりもっと小さな会社に勤めることになる。
P.219
お金のない人生は悲しい。しかし、お金しかない人生はもっと悲しい。
 人間、生きていくにはお金が必要不可欠。
 お金がないと様々なしがらみに縛られなくてはならず、自由は得られない。
 かといって、お金しかない人生は悲しい・・。
 死んだらお金は使えませんからね。


第六章 人生の後半に備える
P.243 #31 借金
たとえば金利八%で百万円借りたとしよう。返済額は百八万円。しかし、この百八万円は税引き後の所得で返済する。つまり、税率が二〇%の人だったら税金込みで約百三十万円を稼いで、ようやく百八万円の支払いに充てることができるわけだ。このように借金の返済というのは元金と金利に税金がプラスされているのだ。
 なるほどねえ。
 例えば収入が600万円あったとしても、税金や社会保険料等を源泉でひかれるので、
 実際に借金の返済に充てられるのは大幅に減額されるわけだ。
 もちろん、生活費も払わないといけないし。
 そう言う意味においても借金はしないに超したことはないなあ。
 それがたとえ、家を購入するとしても。
 (この辺は価値観によって変わってくるんだろうけど)

長々と書いてきましたが、そのほかにもいろいろと為になることが書かれていました。
大学生だけじゃなく、若い社会人にもお勧めの一冊です。

| 【2008-04-10(Thu) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

わたしの身近にも転職してどんどん規模の小さいとこに勤めてる人がいるよ。

収入も激減。

一体何がしたいんだか?!って思いますね。。。


家を建てるなら現金一括に限りますかね?!

一括で買えるような家ってどんな規模って感じもしますが(笑)
2008-04-10 木 11:27:08 | URL | プリ #- [ 編集]
やりがいや職場環境があるので、一概に駄目とはいえませんが、
やはり大きいところの方が安定感はありますよね。

私は賃貸派なので家を建てることはあんまり分かりません・・。
2008-04-14 月 15:10:16 | URL | hirok52 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。