プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
あわせて読みたい

あわせて読みたい

ブログスカウター

検索くん
なかのひと
Fox Meter
Firefox meter
Track Woad
Yahoo!ログール
トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
FXを始めてみた
先日からFXをはじめてみた。

FXとはForeign Exchange on marginの略語で、
日本語にすると外国為替証拠金取引と言うらしい。

知っている方もいるかと思いますが、
私は以前から株式投資をしています。

ええ、がっつりをこいています。
去年はライブドアショックは直撃したし、
元自社株は相変わらず低迷しているし・・。

そんな投資下手な私が目をつけたのがFX。

以前から外貨預金はしていたのだが、
外貨預金は為替手数料が高い
高い利率(ドル建て)は魅力的なものの、コストが掛かりすぎるのが難点でした。

そこでFX。
FXの特徴を簡単にまとめてみます。

1.手数料が低い

FXの為替手数料は非常に低く抑えられています。
例えば私が口座を開設したマネーパートナーズは為替手数料無料でした。
例えば1万ドル両替する場合、外貨預金であれば通常1万円の手数料がかかる(※1)ところが、
FXでは無料ですむわけです。

往復の手数料を考えると、外貨預金であれば2円の円高円安にならなければ収支はマイナスです。
FXでは数銭(※2)の円安になると、収支はプラスになることになります。

この違いは結構大きいかと。
(※1:外貨預金の手数料は片道1円としていますが、ソニー銀行など片道25銭の金融機関もあるようです)
(※2:マネーパートナーズでは為替手数料は無料なものの、売りレートと買いレートで3銭の差があります)

2.スワップ金利

FXのメリットの一つにスワップ金利なるものが発生することがあげられます。
これは高金利のドルと低金利の円の金利差額がナンチャラカンチャラらしいのですが、
要は1日毎にこのスワップ金利が発生するのです。

マネーパートナーズでは3月9日現在、1万ドルにつき145円/日のスワップ金利が発生するとのこと。
年利で言うと4.5%くらいです(※1)。

(※1:リバレッジを掛けない場合。リバレッジを掛けた場合は数倍の金利を得ることができます)

3.リバレッジ

これはメリットでもありリスクでもありますが、
FXは、かなり大きなリバレッジ(※1)を掛けることができます。
私が口座を開設したマネーパートナーズでは、1万ドルを購入するのに必要な資金は2万5千円。
ざっと40倍以上のリバレッジ。

ただ、あまりリバレッジを掛けすぎるのはリスクにもつながるので気をつけたほうが良いかと思います。

例えば115円でドルを購入した場合。
円安になり、1ドル117円50銭で売却をすると、2万5千円の利益となります。
【(117.50-115.00)×1万 = 25,000円 】
元々必要な資金が2万5千円なので、資産は倍増になっています。

ところが円高になり1ドル112円50銭になってしまった場合。
あっという間に資産は0円になってしまいます(※2)。
【(112.50-115.00)×1万 = -25,000円 】

先頃の株価暴落の際、実は急激な円高が進行していました。
その額1週間でおよそ6円。
1万ドルを購入していた場合はこれにより6万円の損が出ることになります。
リバレッジを大きく掛けていた場合は大きな損失が出てしまうことになります。

(※1:Leverage、英語でテコを指す。少ない資金で大きな取引が可能と言うこと)
(※2:正確にはその前の段階で更なる入金が必要となり、入金の無い場合は自動決済されるようです)

4.ドル売り取引ができる

外貨預金と異なり、円を売る取引ができます。
ドル安に進むと読んだ場合は、ドルを売る取引をしていれば、それで儲けることができます。
ただし株の信用取引と同じで、
スワップ金利は支払うことになるので注意が必要です。
ドル売り取引は多分上級者向きでしょう。
私はやりません。

5.様々な通貨での取引が可能

例えばオーストラリアの成長を見込むのであれば、
円を売ってオーストラリアドルを買うという取引ができます。

ニュージーランドの金利は非常に高いので、
スワップ金利で儲けるならニュージーランドドルを買うのも良いかもしれません。

6.24時間取引が可能

うれしいような、うれしくないような・・。
東京・ロンドン・ニューヨークと市場が常に開いているので、
24時間取引が可能です。
株式だと昼休みにしか見れませんが、FXなら帰宅後に取引することも可能です。

ただ、寝ている間に損していることもありますが・・。

・・・、こんなところでしょうか。
まあ、要はハイリスクハイリターンな商品なわけです。
ただし外貨預金をするくらいなら、
FXのほうが手数料が低い分お得じゃないかなと思います。

個人的には長期的には円安傾向が続くと思っています。
・少子高齢化(=国内市場の縮小)
・中国の台頭(=アジアでの地位の相対的下落)

さらに、地震が首都圏を襲った場合には、
株式市場は大打撃を受けるでしょう。
その際にはおそらく円を売ってドルを買う(=円安)動きが強まると思います。
そういったリスクヘッジの観点からも、ドル買いスタンスで長期的に取り組んでいきたいと思っています。

ただし、リバレッジを掛けすぎると痛い目にあいそうなので、
リバレッジをあまりかけずに取引をしたいと思っています。

以下に、FXの会社のアフィリエイトを貼っておきます。
資料請求したり、口座開設をすると、私が喜びます

あと、投資はあくまでも自己判断でどうぞ。





日記 | 【2007-03-13(Tue) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

BookLive
楽ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。